認知症予防

バイオレゾナンス測定により、認知症発症に関連するリスクファクターの有無を推定することができます。

認知症の割合として最も多いアルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドβタウタンパクと呼ばれる特殊なたんぱく質が溜まり、正常な神経細胞が壊れ、脳萎縮がおこることが原因だと言われています。

しかし、これらのたんぱく質が蓄積する原因については明確なことは分かっていません。原因物質が脳内に蓄積することで神経細胞が障害されて起こるとされていますが、その兆候は、発症のおよそ20年前から確認できることがわかっています。

そして、それらのリスクファクターが関連しているとわかった場合には、必要な対策、そして生活習慣の見直しなどを行うことで、発症を未然に防ぐことを目指していきます。

測定では、量子レベルでのごく微小な反応も逃さず検知することが可能です。したがって、認知症の前段階(軽度認知症)の有無も予測することができます。

認知症は、早期の段階で適切な治療を受けることで症状の進行を遅らせたり、症状を改善することができると言われています。つまり、どれだけ早い段階で兆候に気づき、治療を開始できるかどうかが非常に重要だと言えます。

このような点からしますと、バイオレゾナンス測定は、認知症の早期発見、予防、治療に大いに役立つことでしょう。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病の持病をお持ちの方はアルツハイマー型認知症になりやすいことがわかっていますので、生活習慣病の予備軍の方々もまだまだ大丈夫と安心せずに、できるだけ早期から予防のための対策を取られることをお勧めします。

※ここで行われる内容は西洋医学的検査や治療とは全く性質の異なるものです。医療機器による医療行為ではありませんので、病気の診断や治療ではありません。振動医学の中で行われる波動的なチェックと調整です。

関連情報

農薬

ネオニコチノイド 日本茶、お米、葉物野菜が危ない!

ネオニコチノイド規制の現状 “害虫”の神 ...
続きを読む
毒素の蓄積

知らず知らずのうちに溜まる毒

便利で豊かな生活が手に入る世の中になりま ...
続きを読む
バストックスによるホルムアルデヒドの検出

解毒が実証されているバストックス

世の中には解毒効果をうたった商品がたくさ ...
続きを読む
ホスファチジルセリン

ADHDや認知症にホスファチジルセリンが有効

ホスファチジルセリンは子供たちの精神バラ ...
続きを読む

更新日:

Copyright© バイオレゾナンスセンター横浜 , 2022 All Rights Reserved.