ライフ博士の功績―バイオレゾナンス・メソッドの原点

投稿日:

 

バイオレゾナンス・メソッド(振動医学)は、ドイツのパウル・シュミットが、1970年代前半に着想したと言われていますが、それを遡ること40年、1930年代アメリカのロイヤル・レイモンド・ライフ博士は、バイオレゾナンス・メソッドの原点ともいえる世紀の大研究、大発見をしました。

残念なことに、当時の医学会は彼の偉業を一時的には称賛しましたが、その後一転、博士は研究を継続できないように追い込まれ、研究内容や実験結果データも抹消されてしまいました。

現在、ライフ博士が残してくれた原理を原点に、バイオレゾナンス・メソッドが発展していったと言っても過言ではないでしょう。ここに、ライフ博士の偉業を紹介いたしましょう。

 

 

がんを引き起こすBXウィルスの発見

ライフ博士は、1920年に世界で初めて顕微鏡を発明した発明家でもあります。

博士は自らの顕微鏡の発明により、これまで人類にとって全く未知の世界であったミクロの世界と、微生物の研究に熱心に取り組み始めます。

それは、人体に害を及ぼすウィルス、バクテリア、真菌類、寄生虫などに重点を置いたもので、それらの微生物が私たちの身体の不調や病気を引き起こす最大の原因、病原微生物であることを、人類で初めて突き止めるのです。

病原体の研究調査をしているうちに、当時「不治の病」と怖れられていたがんを患っている患者たちを調べたところ、彼らの体内に「ある共通のウィルス」が存在していたという事実です。

そこで彼は、このウィルスこそがその病気を引き起こす原因なのではないかと考えました。発見されたウィルスは「BX Virus (BX ウィルス)」と名付けられました。

 

がんを撲滅させる機器の発明

 

ライフ博士らにより、がんとBXウィルスとの関連性を証明するための動物実験が行われ、ついに、がんとウィルスの関連性が、ライフ博士の地道な研究実験により証明されました。

そして、博士はそれら全てのがん腫瘍を根こそぎ消滅させる治療機器を発明し、完成させます。

その後もライフ博士は、ウィルスを始め、あらゆる体調不良の原因となっている病原体を駆除し、本来のバランスの取れた健康体を取り戻す 方法に焦点を当て、研究開発を進めます。

その治療法こそが、バイオレゾナンスメソッド(波動療法)であり、その軸となっているものがレゾナンス(共鳴)の原理です。人体に副作用のない自然エネルギーを使い、病原体となっている特定の微生物だけに焦点を当てて完全に消滅させる療法、バイオレゾナンス・メソッドの原点です。

 

末期がん患者の治療に成功

 

その後も、ライフ博士の意欲的な研究開発は続きます。

1934年、南カリフォルニア大学がスポンサーとなり、ライフ博士の元で大掛かりなメディカル・リサーチが行われました。

その内容とは、余命短い末期がんの患者16名を、パサデナ州立大学病院からサンディエゴにあるライフ博士の元へ移し、治療を行うというものでした。

これら16名の患者たちの症状に対して、医師や病理学者たちが下していた診断結果とは、「もしも生きながらえることができたとしても、余命は90日以内」という絶望的なものでした。

余命90日足らずの末期がんの患者たちはサンディエゴへと移され、ライフ博士による治療が直ちに開始されます。

 

治療開始から90日が過ぎた時点で報告された内容は、驚くべきものでした。

 

  • 治療開始から90日後、治療を公平に見届ける役割である委員会により、16名の患者の内14名が完治したとの結論が出された。
  • 残り2名のために治療を調整した結果、その2名もその後4週間以内で完治した。
  • 治療開始日から130日後、全ての患者は副作用を感じることのないまま回復をしていたことが判明した。

-バイオレゾナンス
-, ,

Copyright© バイオレゾナンスセンター横浜 , 2022 All Rights Reserved.